3つのシルエット、「Iライン」「Aライン」「Yライン」はテンプレ。

ここ最近のメンズファッション初心者指南では、シルエットを整えるときこの3つのシルエットが必ずと言って登場します。ですが、必ずこの3つのシルエットに整えなければいけないという訳ではありません。

 

この3シルエットは、テンプレです。

 

テンプレは、創造性とは真反対です。アート的な感性とは逆の方向を向いてます。私はファッションを通して「考える力」とか「センス」をあなたに持ってもらいたいわけですから、あんまりテンプレ的なことは言いたくないのです。テンプレは楽で便利ですが、考える力を奪います。創造性を奪います。

 

もちろん、とりあえずの手段として持っておくのはいいでしょう。ですが、その3シルエットと心中する覚悟で後生大事に持っておくのはオススメしません。

「いやいや俺は最低限の服装が出来ればいいから、そんなストイックな姿勢持てないわ。」というあなたはこのブログを見るのに向いてないかもしれません。なぜなら、このブログはファッションをストイックに考えるブログだからです。そうやって、おしゃれを自己投資に変えていきたいと私が考えているからです。

 

だから、3つのシルエットに頼るのは右も左も分からない状態のとき。だんだんとトップとボトム、上下のバランスが分かってくるのです。トップはちょっとリラックスしたものを選んだから、ボトムもゆるくして着こなしにまとまりを出そうとか。そういう細かい微調整が出来ないからこそ、3つのシルエットに頼るのです。

 

シルエットは見た目を左右する重要な要素です。
だからこそ、細かい微調整が出来ると差が生まれるのです。