【JW×ユニクロ】シアサッカーチェックシャツはどう着こなす??ウェーブ体型が解説。

 

JWコラボのおすすめアイテムについては既にレビューしました。

【ユニクロ×JWアンダーソン】個人的ベスト3!(てか買ったやつ)レビューする気はなかったんだが・・・。

 

・・・したんですが。

やはり複数のアイテムを紹介するとなると、一つ一つは薄まります。

もちろんそういった制約の中でも有益なものを出そうと努めてはおりますが、語り切れない部分はどうしても出てきます。

 

そして特に、

「もう少し解説が必要だろう」

と判断したものは補足的に個別にレビューしようと思います。

 

というわけで、シアサッカーチェックシャツについてもう少し補足していきます。

そして今回は、Mr.Tの体型であるウェーブについても絡ませながら話を進めていきます。

「ウェーブ??波ですか?」

状態で、全く知らないあなたにも分かるように簡潔にまとめましたのでご参考いただけると幸いでございます。

 

 

シアサッカーチェックシャツを選んだ、デザイン以外の理由

ベスト3のレビューでは、

「デザインが好きだった」

ことを選んだ理由のメインとして話していたんですが、実は他にも理由があります。

 

それはウェーブ体型にとって着こなしやすいからです。
(=自分の体型にハマりやすいから。)

 

「ウェーブ体型とは何ぞや」

 

というあなたのために超ザックリ言うと、

「足が太い人」

です。

 

もう本当に意味わからんのですが、日本人は西欧人などと比べると圧倒的に足が太いです。
(天に向かってグーパンしたくなりますね。)

これが相当におしゃれを難しくしています。

足が太いと、どうしても下へ下へと視線が向かってしまいスタイルが悪く見えます。

下重心になりがち。

そのため出来るだけ上へ、上へと視線を持っていきたい

 

このアイテムは、

  • 凹凸のあるシアサッカー素材で、
  • チェック柄で、
  • エリがついてる

っていう、ウェーブにとって嬉しい要素が盛り込まれています。

視線を上へと持っていきやすい。

 

特に夏は、ウェーブが最も苦手とする季節。

Tシャツ、シャツ一枚のスタイリングはメンズファッションの最小単位といってもいいでしょう。

胸板の薄いウェーブは、まとう布が薄くなるにつれて苦戦します。

 

だから、素材やデザイン・ディテールで視線を上に集める工夫が必要になります。

 

軽いシアサッカー素材は積極的にウェーブが選びたい素材。

生地がでこぼこしてるから良い意味で体に馴染みません。
且つ軽いおかげで、

「ふわっ」というか、
「ふぁさぁ」というか、
「ぱさぁ」というか。

服が空気を含んでいるかのように羽織れるのです。

ドラえもんの足は地面から数ミリ浮いているらしいですが、まるで服が体からちょっと浮いているかのように着ることができるのです。

 

「・・・・は?・・何言ってんの、お前。」

 

とあなたが思うのは重々承知ですが、
これは私のイメージ・感じていることを言葉にしようとするとこうなります。

今のところ、これ以上の表現力を、Mr.Tは頭の中の四次元空間に持ち合わせていません。
ご了承ください。

 

だから、「服が体からちょっと浮いている・・・」というのを真に受けて試着しても、「浮いてねぇじゃん!!!」となるかもしれません。

「少し重心が上にあるように感じる」
「重心を引き上げてくれている感じがする」

これはいろいろな服を試着するとわかってくる感覚です。

 

しかも、あからさまに重心引き上げるのではなく、さりげなくやってくれる貴重なアイテムです。

 

”ガシガシした体に馴染まない硬くハリのある素材を使って、
着丈も少し短めに設定して・・・”

ってやれば、視線を引き上げるアイテムはできますが、それだと少しトップスが浮きがちです。

下手すると、スタイルが悪く見えてしまう。

いわゆる、”服に着られている状態”ってやつです。

だから、体に馴染みつつ馴染まないぐらいの塩梅が良いのです。
特にウェーブのような肌が柔らかいタイプには。

色々試した結論です。

 

 

他はそこまで解説はいらないでしょう。

 

無地よりも柄に注意が向いてしまうのは、説明するまでもないでしょう。

Tシャツの丸首よりもエリがついてる方が良いのも何となくイメージできるのではないでしょうか。

 

 

パンツは何を選ぶ??細身からワイドまで。

 

セオリー通りいくなら、細身のボトムスですね。

なぜなら、下半身が太いので、視覚的にその体積を削りたいんです。
そうやって上下のバランスを取る。

MB氏もウェーブ体型なので、スキニー推しなのでは?と思っています。

「MB理論の犠牲になりやすい人」を、骨格の観点からしゃべるぞ!

 

今回のシャツは少しゆるめをチョイスしているので、パンツはもう少し太い方が好みですね。

ストレートとか。

 

もうちょい太くてもイケます。

↑は+J。

【+J詳細レポート④】事前レビューノーマーク!+Jの中で最も扱いやすいパンツ。

 

 

太いボトムスは、ウェーブにとってNGよりに語られるんですが、全然合わせてもOK。

Mr.Tはアパレル時代、同僚の女性スタッフから

「T君太いパンツ似合うね!」

と言われていました。

だからウェーブだから太いのNGというわけじゃないんですよ。

 

ただ、極太じゃない方がいいです。
ちょい太めくらいがいいですね。

これについてもいつか語りましょう。

 

もうちょっと太いものも。

こちらは同じコラボものJWアンダーソンのものですね。

 

色々な太さのボトムに合わせてみました。

袖丈や身幅(ヨコ)、丈感(タテ)のバランスが良く合わせやすかったです。

値段も手頃・・・というよりめちゃ安なので一回試してみるのもアリではないでしょうか。

 

 

PS

写真且つ、全体を写してしまうと生地がつぶれてしまって、あまりよく見えないかもしれません。

でも、実物を手に取ると、生地に表情があって想像より良いですよ。

こういうのが大事。

デザインがのっぺりすると安っぽく見えちゃいますからね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。