あなたが雑誌のモデルを真似してもおしゃれになれない理由。

 

根本的な問題です。

自分の体型を理解していますか?という話です。

 

洗濯機を買うのに、自分の家の洗面所のスペースを考えないで買う人がいるでしょうか。

もし、あんまり考えないで買ってしまうと、

「大きさが微妙に合わない・・・」
「アンバランスな感じになってる・・・」

ってな感じになりかねません。
それならまだいい方です。

「スペースに収まりきらない・・・」

ってのは最悪です。

 

自分の体型を把握してないということは、自分の洗濯機置き場のスペースをしっかり測らないのと同じことです。

 

自分の体型を把握してなければ、自分のベストな服を選ぶことなんて出来ません。

雑誌のモデルの着こなしを見て、「こんな感じに着こなしたいなぁ!」と思っても基本スペックが違います。「細身のデニムにロングコート羽織ればモデルみたいに!グフフフ。」とたくらんでも、実際そうはいかないのがファッションの難しいところです。

素材は何と言ったって”自分”ですからね。

普通の体型で、自分抜きで考えた着こなしがかっこよく見えるのは偶然の産物です。
たまたまです。

 

雑誌の着こなしをそのまま真似るというのは、お部屋のコーディネートカタログを見て「良い!」と思ったものをそのまま買ってしまうのと同じです。

でも、普通そんなことしないですよね。
自分の部屋のサイズを考えて、バランスはどうとか考えますよね。

みんな自分の部屋のサイズに合わせて、どれがべストかを考えて買います。
大きさは?色は?雰囲気は?と。

 

ファッションも同じです。
自分の部屋の代わりに、自分の体型を考えるのです。

確かに、難しいです。
部屋や洗濯置き場のスペースのように、客観的に見ることは出来ませんから。幽体離脱して全身をぐるりと見まわすことなんて出来ませんから。

シビアです。

でもだからこそ、しっかりと自分を考える必要があるのです。

 

おしゃれな人は、様々な服を買って着ることで自分の体型について無意識になんとなく理解していきます。だから、自分に合うものが分かるのです。数え切れないほどの試行錯誤の上で、感覚で体得するのです。

 

あなたも、

あなたも、感覚で把握できるまで時間をかけたいですか?
何度も何度も洋服を脱ぎ着して身につけようとしますか?

 

知っていれば済むのです。
自分がどんな体型をしているのか。

 

私、もったいないと思うんです。

めんどくさいなぁと思って、自分の体型の把握をやらないのは。それを飛ばすから、ずっと悩み続けることになるんです。「お金も時間もたくさんかけてようやく自分について理解してきた」って・・・。ショートカット出来たのに・・・。

 

誰しも出来るだけ失敗したくありません。
誰しもお金を無駄遣いしたくありません。
誰しも時間を無駄遣いしたくありません。

 

私の実体験から、助言致します。

 

自分の理解を深めましょう。

 

 

ですので、今回はその自分の体型を把握するうえで大切な考え方のひとつをあなたに伝授したいと思います。

モデルの着こなしと同じように整てもなぜ整わないのか?も分かりますよ。

 

 

 

それは、”縦感”。

 

そう。

『縦感』です。

 

自分の長さと言ったらいいんでしょうか。
身長ではありません。

もっと曖昧なものです。

 

あなたを見て、感じる印象の話です。
実際の長さとかはあんまり関係ないです。

たまにいるじゃないですか。

 「俺175cmなんだよね~」
 「嘘!?もっとあると思ってたー。180くらいかと」

みたいな人。

もしくは、
 「俺175cmなんだよね~」
 「(嘘!?もっと小さいと思ってた。)そ、そうなんだー」

みたいな人。

 

つまり、実寸と人の感じる印象は違うということです

ちなみに私の弟も実寸よりデカく見えます。本当デカく見える・・・。(クソ、羨ましい。私より背高いし・・・。)

 

だから、それをあなたも把握しましょう、という訳ですね。

 

じゃあ、どうやって把握するのかと言うと。

 

自分の縦幅と横幅に意識を向けましょう

 

自分の一番縦が長いところ(身長ですね)、一番横が長いところ(ほとんどの人は肩幅でしょう)を基準に長方形を作るイメージです。

ヘタクソ・・・。
これでも5回書き直したんですよ・・・。

腕とかちょっと出ちゃってるけど、何となくのイメージ伝わりますよね??

 

自分はどんな長方形が出来るかを把握しましょう。

これが分かるだけで本当に変わりますよ。

 

 

 

雑誌のモデルの縦感も考えてみよう。

 

雑誌やネットを開いて、自分のお気に入りのスナップを確認してみましょう。

そのモデルの縦感はどんな感じですか?
長方形はどんな形になりますか?

おそらく、顔が引きつるほど縦に長い長方形になるのではないでしょうか?

そして、怖いかもしれませんが自分と比べてみましょう。(何となく、イメージで構いませんよ。自分を写真に収めて比べられるとよりGOODですが。)

・・・・・・。

 

どうですか?
おそらくすごい差があるのではないでしょうか?

 

これが、雑誌のモデルを参考にしてもあなたがおしゃれになれない理由です。

 

縦感はファッションにおいても非常に大切です。
なぜなら、スタイルの良さに直結するからです。

縦感を把握するということは、自分のスタイルを直視するということでもあります。
辛いですが。
(私もちょっと凹みました。笑)

でも、ここをなあなあにしてたら、ずーっとあなたはおしゃれになれません。

私もずっと、『自分の体型を把握する』ということを怠ってきたせいで「何で整わないんだ?」と考え続けるハメになったからです。

自分の現実を直視することにもなりますが、その分「どうすれば自分の着こなしは整うか?」ということを考えることが出来るようになります。

 

良薬口に苦し

です。

 

PS

もし、整え方が自分だけでは分からないというときは、私のブログを参考にして下さい。整え方のコツをばらまいていますから。