おしゃれはシルエットから始まる。下半身の帝王学。

 

声を大にして言いたい。

 

おしゃれに悩む9割は、シルエットが問題だと。

 

たとえ色合わせが平々凡々でも、
シルエットさえ洗練されていればかなりおしゃれに見えます。

 

手足がスラリと伸びた外人たちは、シンプルな着こなしでもかっこよく見えますよね??

それがシルエットの重要性、優先順位を物語っています。

 

私はシルエット作りに一番力を入れます。
なぜなら、一番難しく、一番効果があるからです。

 

 

日本人は『体型』が不足しがち

 

現代人には野菜が不足しているのと同様に、日本人には『体型』が不足しがちです。

不足しているからこそ、意識しないといけません。

それなのに、みんな意識が低すぎます。
全然足りてないです。

 

シルエット作りに一番本気を出さないと。

 

目が血走るぐらい本気でシルエット整えないとダメですよ。

他にどこで本気出すんですか??

色合わせですか?
服のカルチャーを知る、ですか?
意表を突くような斬新な着こなしを考えることですか?

違いますよ。

 

外人はどっかで見たことある服装でもかっこいいじゃないですか?
私たちが真似してもかっこよくなりません。

それは圧倒的に体の構造が違うからです。

 

だったらまず、体格の埋め合わせをすることが先決じゃないですか??

不足分を補うトコロから、じゃないですか??

 

不足しているんだから、難しいってことなんですよ??

シルエット作りは日本人にとって苦手な分野ってことです。日本人NBA選手が滅多に生まれないように、日本人には民族的に不利ってことです。

 

上手にシルエットが作れるようになって、ようやくスタートラインに立つことが出来ます。

私はスタートラインの認識ですが、
みんなシルエットの意識は低いので、十分すぎるほど差がつく着こなしになることを保証します。

 

 

シルエットの要

 

おしゃれで一番意識すべきシルエット作り・・・そしてそのシルエット作りの要となるのが、、、

下半身です。

下半身を整えるコト。
これが超重要です。

最初は下半身作りにエネルギーの90%を注ぎ込むぐらいの意気込みでいいです。

 

下半身を丁寧に作り込むとマジでスタイリングがラクになります。

楽園は下半身にあります。

 

私、下半身に結構難を抱えているんですよ。

O脚だし、おケツデカいし、骨盤横に広いし・・・などなど。
そのため、下半身攻略にはかなり苦労しました。

この素材でこの形はどうなのか見たい・・・ってだけで、別に欲しくも無いボトムを買うこともよくあります。

「やっぱ脚の形キレイだと着こなしラクだわ!」

ってことで、執筆現在で『脚を細くすること、O脚矯正』の実験もしてます。

 

 

だから・・・。
保証します。
外見tistが保証します。

 

シルエット作りの心臓は下半身です。

脚が長く見えれば、スタイリング楽になるの、簡単に想像できますよね??

 

シンプルに考えれば、

脚さえ長く見せれりゃそれでいいって話です。

では、どうやって下半身を整えればいいのか、帝王の授業をしましょう。

 

 

下半身を制する者はおしゃれを制する、帝王の下半身整え論。

 

脚の情報を消す。

これこそが帝王の下半身の整え方です。

 

脚の情報を消し、且つボトムのシルエットを細くするほどキレイな下半身を作ることが出来ます。

これは秘伝です。
なので、誰にも教えないで下さいね。

 

人間の脳は間違った情報を頭に流すこともありますが、
些細な脚の情報も感じ取るレーダーを備えています。

ほんのわずかな情報でも、脳は名探偵ぶりを見せつけ「脚はあんな感じだなぁ」とイメージを膨らませてしまうのです。

 

 

だから極力情報は消す。

みんな下半身をキレイに整えることが出来ないのは、どのくらいの情報で脚を悟るのかが分かっていないからです。

 

おそらく、今あなたが想像している数倍は脚の情報消した方がいいです。

ホントに些細な情報でも脳は拾ってきますから。

だから本気で整えろ!と私は言ったし、

洋服を選んだとき、勝負は既に決している!たったひとつ知るだけで抜群に効果のある洋服の選び方。

この記事でも、輪郭の大切さを訴えるときに大げさとも言える騎士の甲冑のたとえを出したのです。

 

 

そして、

脚の情報とは、「脚だよ♡」と悟らせる全ての情報です。

 

具体的には、

・脚の輪郭
・膝
・おケツ

であり、

・おケツの膨らみ
・膝で出来るボトムのシワ
・O脚の湾曲で出来るボトムの輪郭やシワ

などです。

 

脚はあらゆる方法で相手に自分の情報を伝えようとします。

そうはさせないよう騎士様の金属甲冑ばりに、脚の情報をまるっと覆い隠すのです。

脳は見えないモノ・隠されているモノを、与えられている情報を手がかかりに想像します。
だから、不利な情報を隠し、有利な情報を見せることでキレイな下半身を作ることが出来るというカラクリです。

私の場合は腰回りの太さとO脚を隠し、細い足首を見せています。

 

ワイドパンツは脚を隠すことが出来ても、そもそも太いので上半身に工夫が必要になります。

 

PS

下半身、下半身って・・・卑猥だわ・・・。

書いてるときには気づかなかったけど、フツーに「楽園は下半身にあります。」ってドヤ顔してたわぁ。