スタイルを良く見せることが全てではない。

ファッションはスタイルをきれいに見せることが全てではありません。

 

確かに、モデルは細くて背の高い人ばかりですし、スタイリッシュに見せることが一番いい!というふうに考えてしまうのも無理はありません。

私もそう考える時期はありましたし、実際スタイリッシュな着こなしはとてもかっこいいです。

 

ですが、もし仮に、スタイルをきれいに見せる着こなしが全てだったら、背の高さなどの先天的な要素だけで決まる世界になってしまうと思いませんか?もちろん、背の高い人は有利です。これは間違いありません。

背の高さは、明らかに「かっこいい」を構成する要素のひとつです。

しかし、冷静に考えてみると、スタイリッシュな人だけがフォーカスされているわけではないことに気づくはずです。あえてスタイルを悪く見せるような着こなしでも、「かっこいい」と思うひとたちはいるわけです。

 

「スタイルの良さ」というのは分かりやすい指標にすぎません。本当は色々な要素が絡み合って「かっこいい」は作られているのです。

じゃあ、初めからスタイルの良くない人たちはどこに向かっていけばいいのでしょう??

 

それはやはり、自分に一番合うスタイルを構築することなのです。

たぶんあなたは、「この着こなしを目指せ!」というような具体的な提案を期待していたと思います。実際に参考になる画像を見せて、こういう着こなしがいいよ!って。その方が分かりやすいし、自分のやるべきことも明確になるでしょう。

ですが、そういう具体的で定量的な基準はテンプレ化します。陳腐化します。遅かれ早かれ役に立たなくなります。

 

私はそんないつか腐ってしまう表面的な提案をあなたにしたくないのです。

こんな抽象的な提案に、
「ファッションにそんなにストイックな姿勢を持てないよ。」とあなたは思うかもしれませんね。

 

でも、私は思うのです。
トレンドに流されて、流行を追いかけて、毎年毎年自分の知識をアップデートするのは、非効率的だなと。

だったら、自分が年齢を重ねていっても自分に合う服と言うのが分かっていれば、長い目で見たときファッションに費やす時間は格段に少なくなるのでは?と。

さらに、自分を客観視して、特徴をピックアップしてTPOとかけ合わせながら、自分の服装を最適化していくという経験はあなたの財産になると考えています。なぜなら、この考え方はもはやマーケティングですから。

自分の特徴を踏まえて、会う人や目的に合わせて自分の服装をチューニングし、最良の自分を演出するということです。

 

このような考えのもとなら、ファッションは投資になりえます。
その場その場の役に立たない知識ではなくて、将来自分の時間を生み出してくれるもの、自己ブランディングに役立つものとしてあなたの血肉となるでしょう。

 

”自分だけのスタイル”、確立してみませんか?

 

これは何も奇抜なスタイリングを指しているわけではないのです。

自分の身体的特徴を生かしたスタイリングを目指すものです。だから、結果的にみんなと似たようなスタイルになってもいいのです。あなたの魅力が存分に発揮されているならそれでいいのです。

なぜなら、自分に合うスタイルがこれだ!と確信をもつことがあなたの自信につながるからです

 

だから、スタイルアップが全てではないのです。

「あなた」という唯一無二の素材を生かすことが一番大切です。