ライフスタイルに合わない着こなしはペラペラになる。

自分の生活の仕方、価値観に裏付けられないファッションはチープになります。
安っぽくなります。ペラペラになります。

 

そりゃそうでしょうね。

お金持ってないのに無理してヴィトンのバッグとか財布とか、生活を明らかに圧迫するようなものは自分のライフスタイルに根付いたものとは言えませんよね。

無理して高い車を買うのも一緒です。

 

もちろん、たまの背伸びならいいでしょう。
足元だけ老舗の高級革靴にするとか、アリだと思います。

 

ただ、自分の身の丈に合わないもので身を包むと、服に着られます。
服だけ目立ってしまい、一番引き立たせなければいけないあなたがいなくなります。

 

だから、無味無臭であるきれいめの着こなしが広くウケているのでしょう。
きれいめな服は、主張が強くないですからその人のライフスタイルがどうとか気にしなくていい。

 

逆に奇抜な服装は、その服に根差したライフスタイルを送ってないと厳しいわけです。
そこにリアリティが無くなってくる。

 

「自分に合う」

 

というのを考えるとき、外見的特徴を考えることはもちろん大切ですが、自分の生き方、つまり価値観やライフスタイルを考えることも非常に大切なのです。

 

それを把握してから、たまにちょっと背伸びをする。

これが身の丈に合わないものとの付き合い方ではないでしょうか。

 

まずは自分を知ること。
これが優先事項になります。