「MB理論の犠牲になりやすい人」を、骨格の観点からしゃべるぞ!

 

そう。

それは・・・おしゃれを志す男子が必ず目にするであろう理論。

 

MB理論。

 

この理論はおしゃれの考え方を変えてしまいました。
革命的だった。

おしゃれという、芸術チック・感性的なものに理論を持ち込んだからです。

 

「センスなんていらない」

 

このキャッチフレーズは、ファッションを「自分とは縁のない世界だ」と思っていた人たちの心をとらえて離しませんでした。

服好きの人しか分からないような、フワフワした言葉で埋め尽くされた雑誌。
それとは対照的に、誰でもわかるように論理的に解説されたノウハウは、すぐに支持を得たのです。

 

私はわりと初期の頃からMB氏を知っています。

彼の初版本が出る前くらいから。

 

私もMB氏の言説に触れるたび、
「非の打ち所がない完璧な理論だ」と思っていました。

そのときは、アホ面で鼻水たらしてそうな無知の小僧でしたから、今の100分の1も知識もありませんでした。

 

・・・しかし。

なんとか鼻水をすすれるようになった現在。

彼の理論に違和感を覚えるようになりました。

もちろん全てを否定するわけではありませんが、MB氏のマニュアルを妄信するあまり、自分が進むべき道を逆走している人が少なからずいると思ってしまうのです。

 

でもそれも仕方ありません。

おしゃれ1年生にとって、彼ほど明快に丁寧に説明してくれる人はいません。彼を迂回すると、「抜け感」「差し色」というようなよくわからない言葉と格闘することになるのは目に見えています。だから彼をフォローする。

中には、MB氏を一定期間支持した後、「洗脳が解けた」と言って離脱する人がいます。

知識が蓄えられていった結果、少しずつ自分の頭で判断できるようになっていった結果でしょうか。(「洗脳」というのはちょっとかわいそうな気もしますが・・・。)

 

 

というかそもそも。
おしゃれ1年生はMB氏をスルーしたくてもできない存在になりつつあります。

いや、もうなってるかも・・・。

自然と服に興味が出た人は己の道を勝手に突き進んでいきます。
ノウハウなんてガン無視。
昔の着こなしに憧れたり、文化を深堀したり。

が、多くの人はそうじゃないでしょう??

 

  • 女の子にチヤホヤされたい
  • かわいい女の子とお近づきになりたい
  • 「○○さんっておしゃれでかっこいいよねー」と女子トークで話題に上がりたい

 

そういう思惑があって、おしゃれになりたいっていうのが原点じゃないですか??

少なくとも私はそうですよ。
純粋な服の興味からじゃない。

「テレビに出てる俳優みたいになりたい!」
(そしてチヤホヤされたい!!)

みたいのが最初ですよ。

だから、アレです。

私は服ガチ勢から、「フッ」と鼻で笑われるような存在です。

別にいいんですけどね。

 

あーっと。

脱線しました。

時を戻そう。

 

おしゃれ1年生はMB氏を無視できません。

MB氏を避けたからと言って、彼の理論からは逃れられないからです。なぜなら彼の理論のコピーがネットにはあふれているからです。あちこちで「ドレスとカジュアルのバランス」と聖書の冒頭の一説かのごとく唱えられています。MB勢力は、ファッション業界の一大勢力ですので、スルーは無理です。「MB氏」を知らなくても、避けていても、形を変えてあなたのあまたの中にはMB遺伝子がそっと紛れ込んでいるでしょう。

 

MB氏はファッションに理論を持ち込み、「MBチルドレン」なるものを生み出し、おしゃれに疎かった人たちから絶大な人気を誇っています。実際、多くの人たちを救ったのだと思います。しかし、その存在が大きくなった分。その救いの手から零れ落ちていく数も増えているのではないでしょうか。

その零れ落ちた人を拾い上げる・・・というのは大げさですが、参考にしてもらえたらと思います。ほかの人がうまくいってるからと言って、あなたもうまくいくとは限りませんよね。むしろ、この理論だと結構な数が弾かれると、私は思います。

 

ということで。

ながーい前置きが終わりました。

MB理論に切り込むべく、「骨格」を軸におしゃべりしていきたいと思います。

ですので、シルエットが論点です。

 

 

MB氏の骨格は・・・??

あなたは骨格診断を知っていますか??
人の骨格を、じゃんけんのグーチョキパーのようにタイプ分けして似合う着こなしを見つけよう!的なヤツです。

自分の骨格を知りたければ、こちらの動画を参考にしてみてください。

 

MB氏の骨格は3つのうちどれか??

彼はウェーブなんですよ。
ちょっとぷにぷに感を肌から感じません??

ウェーブというのは、脂肪を感じやすい骨格パターンなんです。
そして、上半身は華奢で、下半身は肉付きがいい。

そんな彼の成功体験が少なからず反映されているのがMB理論なんです。

 

「ステマはしません。」
「自分が実際に試したものだけを紹介します。」

 

と氏はよくおっしゃっています。
MB理論にも「自分がうまくいった体験」がブレンドされていても不思議ではありません。むしろその方が自然ではないでしょうか。

もちろん客観性を担保すべく、海外のスナップを集めたり、道行く人を観察したことでしょう。デザイナーにも話を聞いたとおっしゃっていましたし。

それでも人間、バイアスはかかるものです。
客観的な情報を集めようとしても無意識のうちに、自分の考えに沿わないものは排除しているものです。MB氏が実際そうだったかは、分かりませんけどね。

 

あえて排除している節はありますが・・・。

 

 

MB理論、伝家の宝刀。黒スキニー。

MB理論に触れ始めたばかりだと、結構ゴリゴリに黒スキニーを推されます。

私も例にもれず、買いました。
私はウェーブなのでそれなりに良く見えましたが。

有識者(?)からは、「黒スキニーが万人に似合うわけねぇだろ!!」という批判があり、反感を買う理由にもつながっています。私もそれはごもっとも・・・だと思います。まぁそれはMB氏自身も「百も承知。」といったところでしょう。それを分かっていながらも、あえて強く押し出している感はありますね。

もちろんそれだけでなく。
MB氏自身の成功体験がここに色濃く出てるのだと感じます。

 

というのも。
彼は骨格ウェーブでした。

実は、一番スキニーが似合うとされているのはウェーブです。

 

簡単に言えば、ウェーブは足が太いです。

足が太いから上半身とのバランスを取るために、下半身を細く見せたいんです。
その方が良く見えるからです。

中途半端に太いボトムを穿いたら悲惨なことになります。
より足の太さが際立ち、さらに対比で上半身はより華奢に見え、アンバランスさが加速します。

骨格診断の立場では、ウェーブは下半身を削り取りたいのです。

 

そして。

黒スキニーが一番、下半身を削り取る力があります。

 

だから、MB氏が黒スキニーをここまで推すのも無理ないと思います。

 

結局。

自分を中心に思考を広げることしかできないのだと思います。

幽体離脱して、人の体に入り込むことなんてできませんからね。

私は、人の体に入り込めますけどね。
あなたの手足を自由に操ることだって可能・・・ごめんなさい、ウソです。

 

私も、自分の体で体験したものを丁寧に拡大していって、「こうじゃないだろうか・・・」という推測することしかできません。もちろん、その過程で、観察したり・情報を集めたりしますが。

自分が体験したものが中心であり、基準なわけです。
私も、ファッション情報を発信する端くれ。
少しくらいは分かります。

このブログに残している情報も、言ってしまえば拡大解釈の産物です。

 

人の体は千差万別。

 

私はこれをよく口にします。

それは観察したり、情報を集める中で、人によって似合う服は本当に違うと感じているからです。

 

頭があり、顔があり、手足があり・・・と人の形は共通です。
しかし、不思議なことに同じ顔は一つとしてありません。
それは、腕や足だって同じはずです。
顔ほどたくさんの情報が無いだけです。

 

「万人に当てはまるノウハウ」

はありません。

 

MB氏のノウハウは、自身のウェーブ体型を基準に拡大されてきたノウハウだと、私は思います。

 

 

 

MB理論を採用すると、一番犠牲になる骨格は・・・!?

いよいよ本題です。
MB理論を丸パクリするとつらい骨格はどちらでしょうか?

残り2つはナチュラルとストレート。

 

その答えは・・・

 

ストレートです。

 

ストレートはもともと下半身よりも上半身に重心がある骨格です。

ですから。
そもそもムリに足を細く見せる必要はないんですね。

むしろスキニーを穿くと、モモの肉感を強く感じさせる可能性が高いです。
ストレートは膝下はほっそりしてますが、モモは筋肉で太いからです。

 

ここで鋭いあなたは気づいたかもしれません。

「ウェーブは下半身太いんだから、ストレートより余計ムチムチするんじゃないの?」と。

 

もちろん、ウェーブも、あまりに細いボトムを選べばムチムチします。
でもストレートほどじゃないんですね。

その違いは肉質の差です。

ウェーブは脂肪なのに対し、ストレートは筋肉なんです。

その違いが、そのままムチムチ感の違いです。

 

脂肪は柔らかいので、ストレッチ素材と相性が良く、なじむんですよ。

それに対して、筋肉は脂肪よりも硬いのでなじみが悪くパンパンに見えるんです。

 

 

また、ストレートがオーバーサイズのトップスを着ると着ぶくれします。

MB氏の提案するYラインを作ろうとすると、もともと上重心なのにさらに上重心を強めることになり、やじろべぇのようなアンバランス感を生みます。

Yラインはアンバランス感を楽しむスタイルではありますが、何事もやりすぎはダメです。不格好に見えるだけです。

 

私にもストレートの友人がいました。
彼もMB氏の理論を実践していたんですね。

細身のボトムに、着丈の長いトップスを着て。

「もうちょっと太いボトムで、着丈短くしたほうが良さそうだなー」

と思いましたが、そこは個人の自由なので。
聞かれたら、答えますけどね。

そんな彼に「服の買い物に付き合って」と言われたので、ストレートを気持ち太くしたボトムをすすめました。

で、めちゃくちゃ良くなったんです。

 

そういう実体験もあったから、一回問いかけたいんですよね。

自分の体型を逆に活かしてませんか??
逆走してませんか??

って。

 

MB理論って細いボトムが主軸じゃないですか。
I・Yラインに共通するってことで。

だからしょっぱなから打ち手を間違えてるんじゃないか・・・??

と、思ってこの記事を書くことにしたんです。

余計なお世話だと思いながらも。

良いと思って着てる人に横からワーワー口出してもね。
ウザいだけですからね。

 

ただ、もっと自分を魅力的に見せたいと思っていて、まずMBさんの情報を取って猪突猛進してきました!てな感じだと、気づかない部分もあるし。

私も着こなし悩んできたし、同じ人きっといるんじゃないかなと思って。

2 件のコメント

  • 動画、めちゃくちゃ参考になりました。自分はストレートということが分かって良かったです。良かったらストレートタイプにおすすめのコーデ記事をいつか書いていただけるとありがたいです。

  • たろささん。
    ご返信遅くなり申し訳ございません。
    この記事が少しでもお役に立てれば何よりでございます。

    今後、ストレートの記事も書こうと思っています!
    少々お待ち下さいませ。

    コメントいただきありがとうございました!
    励みになります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。