スタイルアップとは、隠すこと。でも、メンズファッションは・・・

隠すことが出来ません。

男物の洋服はかなり体型を隠しにくいですね。何も考えずに着ていたら、自分の体型を公衆の面前に常に披露している状態になります。それもさらに悪化させて・・・。

 

西欧人に比べ、子どもっぽい体型をしている日本人にとってなかなかにこれは悲劇だと思いますよ。
服は、洋服がスタンダードになっていますから。

日本発の服である浴衣は、花火やお祭りのイベント時に着るくらい。ある種コスプレに近いところにまで追いやられてしまっています。

けれども、日本人に一番似合うのはやはり和服です。
これは揺るがないでしょう。

体型的にも。文化の発信元であるというプライオリティ的にも。

まぁこんなこと言っても、和服がすぐ日本の服装のスタンダードに復権するわけではないので、ため息混じりの和服への思いはこの辺りにしておきます。

 

和服を話に持ってきたのは、和服が体型をすっぽり隠す服として、洋服とある種対極的な存在だからです。比較するとより分かりやすいと思ったからです。※ただし、レディースファッションは必ずしもこの限りではありません。

 

では、早速比較してみましょう。

洋服が曲線的なカッティングをして身体に沿った仕立てをするのに対して、和服は直線的です。まるで体の構造なんて丸無視するかのような仕立てをするのです。

スーツと浴衣を比べるとよく分かるでしょう。

 

photo by http://wear.jp/

スーツをかっこよく着こなすには、脚の長さ・細さも重要な要素になってきますが、浴衣は脚の細さ・長さなんて関係ありません。浴衣は体型のほとんどを覆い隠してくれます。「体型の良し悪し?何それおいしいの?」ばりに体型という概念を忘却の彼方へ吹っ飛ばしてくれることでしょう。

 

強いて言うなら、顔の大きさが関係してくるぐらいでしょうかね。

 

ここで分かってもらいたいのは、日本人にとって体型的に、文化的にこれほどまで似合う服はありません、ということです。

ぽっちゃり体型の人でも着るだけでかっこよく見える。最高です。

それは和服が、体についての詳細を隠してくれているから。見る人に推測させる情報を与えません。
腕はどのくらいの太さなのか、脚の太さは?長さは?とか洋服に比べて全然推測することが出来ません。

(スーツスタイルを見ると、ある程度体の形が分かりますよね。浴衣を着ている方の体型はと言うと、あなたの頭の中で勝手にイメージを膨らませているはずです。)

さらに嬉しいことに、人間の脳は不完全で、アモーダル補完と言う錯覚が頻繁に働きます。見えない部分を与えられた情報によって想像する脳内補完のことです。

後姿がきれいな人を見て顔を想像して、いざ見たら・・あれ?と思うことや(失礼)、マスク女子を見て勝手に可愛いとイメージを膨らませて、いざマスクを外してみると・・あれ?と思うこと(失礼)もアモーダル補完が働いています。

アモーダル補完 https://coreran.com/wearing-thin-clothes

 

洋服は和服に比べ隠せません。身体に沿った仕立てをするからです。腕がどのくらい太さ・長さかを推測しやすいです。脚の太さ・長さも推測しやすいです。完全に隠すことは難しいからです。

 

でも、レディースファッションでは、事情が変わってきます。様々な体型を隠す手段があります。ふわっと裾が広がったスカートや、ハイウエストにして上半身を出来るだけ小さく見せることなど、多種多様なテクニックを駆使してスタイルを良く見せています。

 

ただ、男性以上に体型を隠すことが出来なくなる水着姿は、あの子普段はあんなにスタイル良かったのに・・あれ?と思うこともあるかもしれません。というか、そう感じることは多いと思います。そのときは普段頑張っているんだなと心の中で拍手を送りましょう。

 

そもそも、女性の方が「隠す」手段が数多く存在するのは、女性が男性から選ばれるためには見た目が重視されるからです。見た目が美しい方が純粋に生存競争で生き残れるのです。

男性も有利は有利ですが、女性ほどではありません。女性が男性ほど見た目重視では無いからです。女性の方が内面重視でパートナーを選びます。

ゆえに、「着飾る」ことは女性がおしゃれをするために必要なことなのです。ちょっとファッショナブルな服装でも女性にとっては全然許容範囲内なのです。

 

ですが、これをメンズファッションに当てはめてはいけません。なぜなら、メンズファッションはリアリティが必要とされるのです。自然な着こなしが求められるのです。

少し歴史を遡れば、見た目に気を使う男なんか何も役に立たないわけです。女性にしてみれば、自分が生きていくために、獲物を取ってくる腕っぷしの強い男が欲しいわけです。そんなところからメンズファッションは、ファッショナブルすぎる着こなしは敬遠されやすいのです。

 

「シンプルな着こなしがいい」

 

というのは女性の遺伝子が、自分を食べさせてくれる力のある男性を求めているからです。その男性像をファッションというジャンルで捉え直したとき、ピピっと頭の中で無意識のうちに計算され「シンプルなファッション」が答えとして、弾き出されるのでしょう。

だから、自然さを求められるメンズファッションは、あまり冒険的な着こなしが出来ないため、どうしても身体に沿った着こなしになってしまうのです。和服のように、レディースファッションのように、体型を思いっきり無視するということは出来ないのです。

 

これは頭に入れておくといいでしょう。あなたがおしゃれを、ファッションを考える上で役に立ってきます。メンズファッションが特に体型を隠しづらいジャンルだと認識しておくことで、前提の知識を固めることが出来ます。

体型を隠しづらいならどうしよう?自然さを残したまま体型をごまかすにはどうしたらいいかと建設的に考えることが出来るようになります。

 

もし、この先まだこのブログを見てもらえるのであれば、スタイルアップについて説明するときにすんなり理解できるようになるかもしれません。

今回のお話は、そういうあなたのファッションに対する基礎OSをグレードアップするような類の話ですね。(普段からそういう話を心がけていますが、特に。ですね。)

 

古いOSでパソコンを動かしても、動作が遅いですよね。高速で処理をしたいならアップデートしなければなりません。そして人間の基礎OSをアップデートする手段は知識をつけることです。思考力を磨くことです。

そうすることで、高速で情報を処理していけるようになるのです。

 

ファッションの知識が無ければ、ファッションについての情報に触れたとき、早く正確に答えを導き出すことは出来ないでしょう。ゆっくり時間をかけて考えを巡らし答えを出すしかありません。

でも、知識をつけ思考力を付けたならば、今までの経験と知識に照らし合わせて、圧倒的に早く情報を処理することが出来ます。

 

OSとはそういうものです。

 

基礎です。土台です。
考えるためのベースなのです。

 

もし、あなたがファッションの知識を身につけつつ、服装で将来悩まないような本質的な知識を身につけたいと思うならば土台は大切です。

もし、今すぐおしゃれになりたいだけなんだ、という考えの方だったらこの考え方は身につける必要は無いかもしれませんね。

 

最後に、OSを高めたいんだというあなたに今回の内容を簡単に復習します。

 

隠すことがスタイルアップにつながる。

メンズファッションは体型を隠しづらい。
和服やレディースファッションと比較して。

それでも、もちろんやりようはあります。
だからこそ、浴衣やレディースファッションから学べることは多い。

 

特に「隠す」と言う考え方は、きっちりインストールしておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。