人気のシャツ、開けて着るか?閉じて着るか?

 

「シャツってそもそもボタンを開けて着ていいの??」
「それってダサくならないの??」

そんな考えが頭の中に渦巻いていることでしょう。

シャツは手軽で人気のアイテムの反面、着こなすのが難しいアイテムです。

なぜなら、

  • インナー由来のアイテム
  • 他のアイテムには無いデザインを持っている

からです。

 

身に纏うだけで小奇麗に見せてくれる。
簡単に清潔感が出るアイテム。

大変魅力的なアイテムではありますが、意外にも気を遣うポイントが多いのがシャツなんです。

 

  • ボタンを開けて着る
  • ボタンを閉じて着る

この2択。

どうやって使い分ければいいのでしょう??
どうすればおしゃれに着こなすことが出来るのでしょう??

 

そんな疑問をまるっと解決するべく詳しく解説しちゃいます。

 

 

シャツを開けて着るか?閉じて着るか?どっち??

 

その答えは数式の答えのように導けるものではありません。
「どう着こなすか」でその答えは変わります。

 

・・・・。

 

あ。
今、あなたの舌打ちが聞こえましたよ。笑

「これ読んでる意味ねぇじゃん。時間返せよ、ドロボー!」

って。

そうですよね。
あなたはここに「答え」を求めに来たはずです。
それなのに、答えは着こなし次第だ、って言われたら何も解決しませんからね。

 

でも。
ファッションに問題集の裏についてるような答えなんて無いんです。
決まった形はありません。

もしあったら私がこのブログをやっている意味無いですもんね。

だから・・・

私が示せるのは考え方です。

あなたがどうやったら理想の着こなしを作れるようになるのか。
私が教えられるのは問題の解き方なのです。

 

さて。

まず、この考え方を持っていると判断がしやすいでしょう。

  • 薄手の生地は羽織に向いていない。

ということです。

 

素材の「薄い・厚い」がポイントになるということです。
素材の厚さが羽織れるかどうかを決める。

羽織る場合、アウターとしての要素が求められるわけですね。

 

生地が薄いと、それだけでインナーっぽさが出てしまうんですよ。
普通、Tシャツなどの上に羽織るものって厚みがありますよね??
ジャケットだったり、ブルゾンだったり・・・・。

それと同じで。
羽織りたいなら程よく厚みが無いと貧相に見えてしまうんです。
チープに見えるというか、リッチ感が出ません。

金持ちに見える、とかそういうことじゃないですよ。笑
着こなしに説得力が出ないとかそういうことです。

それなりに整えようとは努力はしましたが、薄手のシャツを羽織ろうとすると説得力を出すのが難しいです。ボタンを開けると、生地が自立しないんですよ。その生地の薄さゆえに。シャキッとしないんです。それがチープに見えてしまう原因です。

だから、

薄手のシャツはボタンを閉じて着る

と考えておいた方が着こなしがグッと楽になるでしょう。

ボタンを閉じれば、生地があっちへ行ったりこっちへ行ったりするのを防ぐことが出来ますから。

 

 

シャツを選ぶときに迷ったことはないかい??

 

お店でシャツを買うときに、

「これ、前開けても着れるかな?」

と考えたことは無いでしょうか??

 

つまり、開けても閉じても着れるのか?ということです。

せっかくお金を出して買うのだから、色々使えた方がオトクな気分ですよね。

ただ、この考えだと結果的に損をする確率が高いです。
俗に言う「二兎追うものは・・・」ってやつです。

 

最初のうちは、どっちかに絞った方がいいです。
1シャツ1着こなしですね。

ひとつのシャツで、開けて着るのも閉じて着るのも欲張っちゃダメです。これは初心者であればあるほど。なぜなら、中途半端になるからです。どっちも微妙に整わない着こなしになってしまうんですね。

 

本質的にはリバーシブルのブルゾンを買うのに似ています。「1着で2着分味わえてラッキー♪」じゃありません。その片方ずつは1着分の価値もないのがほとんどです。

貧乏性な私もこの過ちをよく犯しましたよ・・・・。
最初はいい買い物したぞ!と思ってるんですけど、時間が経つごとに微妙な部分がやたら目に付くようになってくるんですよね。裏地からチェックがのぞいたりとか・・・。

 

だから、

・開けて着たいのか
・閉じてきたいのか

を決めてアイテムを買いに行くことをオススメします。
まず着こなす前の段階として。

開けて着る、閉じて着る、両方とも80点を狙いに行くのではありません。目的をひとつに絞り100点を狙いに行きましょう。

 

もちろん、両方とも上手に着こなし分ける人もいます。
でも、難しいです。
慣れてこないとなかなか出来ません。

しかも手持ちのアイテムのバリエーションもないと厳しいです。

ボタンを「開ける or 閉じる」で、着こなし方は変わります。
なぜなら、トップスのボリューム感が変わるからです。

前が開いていれば「ふぁさぁ」と開放感あふれんばかりに広がりますから、当然ボリュームが増えます。
つまり、面積が増えます。

逆に。
ボタンを閉じていれば、規律を重んじた兵士のように「ピタッ」とシャツは動きません。

 

シャツの大きさが変われば、全体のシルエットにも影響が出ます。

 

蝶のひらひらとした羽ばたきが地球の裏側に竜巻を起こす可能性があるのなら。

トップスのボリューム変化は、とても大きいものだと思いませんか??
トップスはコーディネートの半分を占めているんですよ??

 

「ボタンを開けたシャツ」と「ボタンを閉じたシャツ」は別アイテムと考えるべきです。

 

だから当然、
合わせるボトムを変えたり、
他のアイテムで微調整する必要が出てきます。

これを聞いて、
あなたが「出来そうだ」と思うなら私は止めません。

全開Ver.と全閉Ver.
両方で着ることをイメージしてシャツ選びしても良いでしょう。

でも、思い出してみて下さい。
あなたはシャツの着こなしについてよく分からなかったからここに辿り着いたのではないでしょうか??

もしそうなら。
最初は「開けるか・閉じるか」、目的を絞って買いに行くことをオススメします。

そっちの方が結局満足度高くなるんですよ。

最初から二兎追っちゃダメです。
一兎目を捕まえてから、二兎目の捕まえ方を考えましょう。

 

また、買いに行くときのプチアドバイスですが。

そのシャツに合わせるベストなボトムと靴で出かけましょう。
その方が失敗は少なくなります。

シャツは特にシルエット作りの難易度が高いので、きちんと自分のイメージする服装で合わせた方が良いのです。

 

 

 

シャツのボタンを開けて着たい場合

ボタンを開けて羽織りとして着たい場合ですね。

一番注意したいのは、貧相な着こなしにならないかどうかです。ペラッペラな素材を羽織りとして使うとどうしても安っぽくなります。インナーをアウターとして使っているような。極論、エアリズムで外を歩いているみたいな感じですかね。

 

だから、シャツの前を開けて着たいなら、ある程度の生地の厚さが必要です。もしくは、生地の厚さがそこまでなくても、生地にハリがありシャツの形を保てるようなヤツもいいですね。

要は、「生地の自立度合い」です。

貧相に見えるのは、生地がへなへなっとしちゃうのが原因ですから。

ボタンを開けて着る場合、生地が薄いとぐにゃぐにゃしやすいです。
厚みやハリがあれば生地がしゃんとしますからね。

 

あとはに注意しましょう。

シャツは一般的にラウンドカットです。
側面から前側にかけてせり出すような感じで半円を描きます。

そのため、どうしてもボリュームが出がちになります。でもだからといって着丈を短くし過ぎると、「なんか違和感」が出ます。

ちょうどいいような、気持ち短いような・・・。

ここの微妙な塩梅がね結構クセモノ・・・。

 

シャツって難しいんですよ。
バランスを取るのが非常に難易度が高い。

それは裾がラウンドしているからなんですね。

Tシャツみたいに直線だったらバランスとりやすいじゃないですか。
裾のコントロールがしやすい。
境界はココ!っていうのが分かりやすい。

でもシャツの裾はせり出し、えぐれている。
まるで国境みたいで、上下の調整にちょいと手間取ってしまいます。

 

だから出来るだけラウンドの傾斜がゆるいものを選ぶと羽織として使いやすいんです。

スキーやスノボと一緒です。
ゆるい傾斜の方が初心者向けです。

 

 

シャツのボタンを閉じて着たい場合

 

前を閉じるときに私が気を付けているのは、着丈です。
何よりも着丈に気を配っています。

 

と言うのも。

羽織るときより、着こなしがシンプルになるからです。いつもより「バランス」に意識が向かいます。だから、ちゃんとシルエットを整えておかないと「あれ?バランス悪くね?」ってことになりかねません。

上下でプッツン。
2分されますから。

 

組み合わせがシンプルになるほど、シルエットに意識が向かいます。

これは自然なことです。
ペペロンチーノのようなシンプルな料理ほど料理人のウデが問われるように、服も組み合わせが簡素になるほどそのバランスが問われます。

ボタンを閉じていれば、インナーが見えません。
そのため、余計なもの(色や形など)に惑わされなくなります。

 

ボタンを閉じて着る場合、
ある意味究極にシンプルになるのです。

メンズファッションのスタイリングの中でも実力がハッキリ見えやすいと言っていいでしょう。

 

だからこそ、かっこいいシルエットを作ることに全力を注ぐ必要があります。

いつも以上に繊細に整えましょうね、ってことなんです。

 

ちなみにシルエットに失敗するとこんな感じになります。

なんか微妙じゃないですか??

派手な失敗じゃないとしても、何となく整ってない感じ。
こういう微妙な失敗の方が原因が分かりづらいのでタチが悪いですけどね。

 

何でシルエットに失敗しちゃってるか分かります??

上半身と下半身のバランスが悪いからです。
下半身のシルエット作りに失敗しています。
特にスニーカーがバランスを崩してますね。
素肌もちょっと見せ過ぎかな。

 

・・・・・・。

 

シンプルだからこそ、丁寧に。
ひとつひとつを積み重ねるイメージで。

 

 

まとめ

 

  • シャツを開けて着るか・閉じて着るかは素材の厚みで決まる。
  • シャツ選びは「開けるか・閉じるか」どちらかに目的を絞る。
  • シャツはラウンドカット、傾斜がゆるいものを羽織に選ぼう。
  • 閉じて着るなら上下のバランスをより繊細に整える。

 

シャツを開けて着るか。
それとも閉じて着るか。

 

大きくは、シャツがアウター的な要素を持っているかどうかです。
その1番重要な点が生地の厚みでした。

生地が分岐点です。
生地の「自立度合い」に着目してください。

アウター級の強度を持っている必要は無いです。
ただし、ジャケットの下に着るようなシャツの生地の薄さではダメです。

固さがあり、ハリのあるものを選べばそこそこ自立します。
それがアウター的要素です。

その視点を持っているかどうかでシャツ選びはガラリと変わるでしょう。

 

それに加え、
「ボタンを開けて着る場合」「ボタンを閉じて着る場合」のポイントも解説しました。
とりあえずはこれで戦える状態にはなったはずです。

 

生地の自立度合いを参考にシャツを選び、

 

 

 

PS

さらにシャツの着こなしについて知りたいあなたのためにこんなのも用意しました。

【メンズ】なぜあなたはシャツを着こなせないのか??

【メンズ】シャツをゆるっとセクシーに着る方法。