元アパレルスタッフが教える、シルエットをキレイに出すボトムの選び方3つ。

 

ボトムを選ぶとき、

どこを見て、
どう試しているのか。

全ては購入時に決します。
良いアイテムを手に入れなければ、おしゃれをするのは難しくなります。

いくら高いものを購入しようと、判断する術が無ければ全くのムダになってしまうことも珍しくありません。諭吉を捨てたくはないでしょう。

逆に言えば、優れた目さえあれば、たとえ安いものであっても良品をつかみ取ることは出来ます。

 

そのあたり、今日は話していきましょう。

シルエットをキレイに出す選び方3つ。

これを押さえて選べれば、一段上のボトム選び出来るはずです。

 

 

サイズアップして穿く

これはスラックスなどのスルスル系じゃなく、
デニムやチノなどのガサガサ系パンツを選ぶときに試してもらいたいテクニックですね。

これ、古着好きな人・アメカジ好きな人はよくやってますし、
アパレルスタッフでもサイズアップを提案される人はいます。

この方もアパレルスタッフ時代にサイズアップで穿かれることを提案されていたみたいですね。(どっかの動画で言ってました・・・見つけられなかった。)

そしてご自身もユニクロ28インチで、動画内のパンツは32インチを穿いてるそうです。

Mr.Tも当然やってます。
ただケツデカいので上げざるを得ない、っていう面もあるんですが・・・。

 

「パンツ試着するとモモあたりがパツパツになるんだよな~」

とあなたも心当たりないですか?

ウエストって結構無視しちゃっていいんですよ。

(もちろんベルトはして下さいね!キレイなシルエット出すためには必須ですよ!)

 

たまにお客様が試着されてモモがパツパツになっていて、

「サイズ上げてはいかがですか??ウエストは多少ゆるくなりますが、シルエットはキレイに出ますよ。」

 

と言っても、

「ウエストがジャストだからこれで!」

と、

ウエスト>パツパツ

のように考えている人は結構いるんですね。

それでいいんなら別に良いんですけども・・・。

 

まあでもそう考えてしまうのも分かるんです。

パンツってウエストのサイズが基準じゃないですか。
ウエスト把握してる人はいても、モモ周り把握してる人は凄く少なくなりますよね。

だからウエストを頼りにして、そこから外れるものは除外してしまう・・・。

 

むかーし雑誌の販売員同士のトークみたいなのを読んでいて、
その販売員同士が

「ボトムはケツで選ぶ」

という見解で一致していて「ほお~」と思った記憶があります。

 

それからですかね。
フィッティングでケツ周りをしっかり見るようになり、選ぶようになったのは。

 

やはりその方が、
ボトムのシルエットがキレイに出ます。

 

サイズアップすることで、当然ボトムが太くなります。
そのため、脚から離れてシルエットを作れるので、洋服自体のシルエットを楽しめるんですね。

 

自分という唯一無二のユニーク素材に仕事をさせずに、服に仕事をしてもらってください。

脚の形に自信が無ければなおさらです。

 

試着する際は、ジャストの他に1,2サイズ上げたサイズも試してみてはいかがでしょう?

 

もっときれいなシルエットが手に入るかもしれませんよ。

 

 

むやみにポリウレタン混を穿かない

ストレッチのきく商品には必ずと言っていいほど入っているメジャー素材です。

が。

これはオススメしません。

 

試着時は、びよーんと伸びてフィットしつつもハリ感を保ってます。だからシルエットもきれいなんですが、長時間着用するとその元に戻る力が弱くなって生地がダレてきます

 

Mr.Tが過去買って失敗したと思ったパンツのほとんどがポリウレタン入りです。

ケツはダルンダルンだし、ヒザは出て全体のシルエットは崩れるし。
どんどん穿かなくなっていきました。

定価3万のパンツですよ??

 

あの時は、高いパンツでも関係ないんだな、と思ったものです。

もちろんポリウレタンが入っても素晴らしいボトムはあるんですが、見分けるのが難しいと思います。

避けるのが無難かと。

ストレッチ素材は穿き心地がもちろんいいので、つい選びがちですけどね。

洗濯すればリセットされるので、デニムだったらまだいいんですが。

洗濯NG商品だったもう最悪です。
洗濯機にブチ込みましたが。笑

 

 

ポリエステル混が実はオススメ

同じポリでもエステルの方。
やや風合いは犠牲になるんですが、シャキッとしたシルエットが出ます。

ファッションに目覚め始めた初心者にこそ一番オススメです。
Mr.Tが穿いてるパンツも何気にポリエステル混が多かったりします。

 

これとか。

シャキーンっていうのが伝わります??

このシャキーンがコルセットのようにめちゃめちゃ体型補正してくれるんですね。

ウール70%
ポリエステル30%

 

このパンツもそう。

コットン80%
ポリエステル20%

 

でも地味にあんまり無いんですよね~。

大体10~20%混ざってるとボトムに良いハリ感が出てシャキッとしてきますね。

 

でも、

あくまでまぜまぜしているモノに限ります。

 

ポリエステル100%のものでシャキッとしたの全然見たこと無いんですよ。

ポリ100%で作るときは、スラックスのようなやわらかい風合いを出すことにステ全フリしてるからな気がします。製作者側じゃないから分からないですけどね。

 

まぜまぜするときは、シャキッと感を出すのが理由のひとつと思われます。
(発色を良くしたいとかもありますけどね。)

ユニクロのドライカラーネックTも混ぜられてますね。
あんなに薄手なのに、結構シャキッとシルエット出ますから。

 

まえーに買った、GU10周年記念の980円デニムパンツ、ポリエステル混でフツーにシルエット良かったですよ。1000円以下なのに。実家の家帰ったとき用パンツだけど。何にも知らない親が、「そのパンツ良いね!」って言うぐらい。

 

試着する前に、是非ひと手間かけてタグ見てみて下さい。

安価なものでもポリエステル混によって、シルエットがかっこ良く見える可能性ありますから。

 

 

PS

あ!

あと、ポリエステル混なら、ポリウレタンが入っていたとしてもハリ感が維持できるので伸びすぎずイイ感じになる可能性は十分にあります

 

安いブランドはポリエステル混ぜ込んでもいいと思うんだけどなぁ。
若干着心地は悪くなるけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。