常に持っているのは、調和と裏切りの視点。

 

ファッションを見るときも、
色の組み合わせを見るときも、
デザインを見るときも、
部屋のコーディネートを見るときも、

何を見るにも持っているのが、『調和』と『裏切り』の視点です。

 

全体の雰囲気として、どの方向に持っていこうとしているのか。
その中で、どうやって変化をつけて斬新さを出そうとしているのか。

に注目しています。

 

このフィルターを通してみることで、組み合わせの基本が分かってきます。

 

組み合わせるとはどういうことか。

が分かってくるのです。

 

組み合せるっていうのは、もとからあるものを合わせていく作業ですよね。

ゼロから何かを生み出すという作業じゃないんです。
考えに考えて、うんうんとうなって、頭をひねらせて、必死に自分の内側から生み出すものじゃないんです。

 

あらかじめあるものを組み合わせる作業。
パーツを組み合わせていって、1個の作品を作る作業なんです。

 

ファッションも、言ってしまえば、組み合わせるだけです。

なかには自分で洋服を作るという人もいるかもしれませんが、そんな人は超マイノリティでしょう。ほとんどの人は、組み合わせに始まり組み合わせに終わります。

 

もう一度言います。

おしゃれは、ただの組み合わせです。

 

何と何を組み合わせれば、かっこよく見えるのか?
何と何を組み合わせれば、おしゃれに見えるのか?
何と何を組み合わせれば、可愛く見えるのか?
何と何を組み合わせれば、自分を生かせるのか?

 

っていうだけのことです。

 

非常にシンプルですよね。

でも、

シンプル=簡単

という方程式が成り立つわけではないんです。

 

とても奥が深い世界です。

色の組み合わせは?相性は?
形は?ディテールは?全体のシルエットは?
イメージは?見た人が感じる印象はどう設計する?

と、いくつもの要素が複雑に混じり合っています。そんなカオスの世界で、全体では調和をとっていかないといけない。それが組み合わせるということです。

 

利用できる要素は無数にあるのです。
ときにカオスな世界になります。

 

追求していこうと思えばどこまでも追求できる世界なのです。

 

だから、組合せの基本として、

調和と裏切りの視点は持っておくべきです。

 

この大枠を身につけていれば外すことはありません。

一生使えるはずです。