『ワールドカップ×Suchmos』...合わない。

(これ、ちゃんとYoutubeに飛ばないと見れないっぽい・・・)

初めて聴いたとき、、、

「え?これ合わなくない??」

 

と思っちゃったんですよね。

 

テレビで聴くよりも早く、たまたまYoutubeで見つけて聞いたので先入観なく、フラットな状態で聴けたと思います。その状態での「合わなくね?」なので、自分の感性がストレートに反映された結果出てきた言葉です。

 

これと・・・ワールドカップ・・・?

アリなのか?
これはアリなのか?

私が遅れているのか?

 

と思い直し、自分の頭をちょっとチューニングし直して聞いてみたのですが、やっぱり違和感は無くならなかったです。

めっちゃ、『おしゃん』なんですよ。
おしゃんなんですけど・・・

そもそもワールドカップにこんなクールでおしゃんな曲が求められているのだろうか・・・っていうことですよね。

『ボルテージ』ってタイトルからも、地味に熱さを表現しようとしたのかもしれませんけど。この曲から感じるのは、冷たい炎のようなイメージです。顔はクールで熱量を感じないけど、内側に沸々と熱いものを抱えてるみたいな・・・。

試合開始の笛が徐々に近づくにつれて、選手たちの闘志が静かに燃え上がっていく・・・。個人的にはそんな印象です。

 

 

で。

実際批判が殺到しているらしいですね。笑

W杯テーマ曲に「選んだNHKが悪い」「盛り上がらなさにビビった」

 

でも、確かに・・・。

盛り上がりには欠けますよね・・・。
かっこいい曲ですけど・・・。

 

2014年W杯テーマソング、
ぞわっとくるもん。鳥肌立つもん。

「うおおおおおおおおおおおお!!!!」ってなるもん。

「おっしゃあああああああぁぁぁぁっぁぁ!!行くぜ!!」ってなるもん。

もんもんするもん。

 

勢い出ますよね!!
熱くなりますよね!!

 

みんなワールドカップを見て熱くなりたいんですよ。

おしゃれさ、じゃない。
クールさ、じゃない。

 

熱くなりたい!!!

 

椎名林檎さんの歌の方が、ズキューンと人の心を捉えるのは、その気持ちにマッチしているからですよね。

 

いかに曲がかっこ良かろうが、おしゃれだろうが、

『合って』ないとダメなんですよ。

 

だから、

『合わせる』っていうのは本当に大事。

 

服も本質的には一緒。

 

自分に合わせる。
体型に合わせる。
色を合わせる。

大事です。

 

意外性とか個性はその後。

まずは大きな部分を合わせる。

 

ワールドカップのテーマだったら、『熱さ』。これは絶対に外しちゃいけないポイント。

 

 

 

PS

2010年のW杯テーマソングもいいですよね。
熱くなります。

Super flyさんの『タマシイレボリューション』

 

 

PPS

Suchmosは個人的には好きですよ。
ちょくちょく聴いてます。にわか中のにわかファンですけど。笑

 

 

 

ここらへんが好き。

 

 

PPS

愛国がどうとかで、radwimpsの『HINOMARU』も批判を受けたそうですね。
椎名林檎さんのW杯テーマもそうらしいですね。

そこら辺はよく分かりません。

私は歌詞よりも歌の雰囲気やメロディ先行型です。
歌詞とかあんまり入ってこない。

1人で歌を口ずさむときは、歌詞がめちゃくちゃです。適当なのです。分からないところの歌詞は自分で適当に作って、そのスペースを埋めます。w

愛国・・・の話、どこいったw

私のこの記事は、歌詞までよく吟味されたものではないということです。

メロディ、歌の雰囲気から感じたことを書いただけです。